憧れの注文住宅、どんな部屋にしよう、どんな間取りが暮らしやすいかな、など、夢は膨らみますよね。しかしイチから始めるにはやることがたくさんあります。注文住宅を考えるときに見落とせないポイントを見てみましょう!

間取りを考える前に

家族構成と部屋数、位置

住宅を購入するとき、建売住宅と注文住宅から選ぶ方法が知られています。建売住宅はすでに完成しているため、入居までが早いというメリットがあります。しかし、建物の間取りに合わせた生活が必須であり、不便な…

more detail >>

収納と生活習慣

住宅を購入するときは、自分たち家族の生活習慣を見直せる絶好の機会です。特に、注文住宅を選ぶことで、住む人が望む生活を実現しやすくなります。日々の生活には、いろいろなモノがあふれることが少なくありま…

more detail >>

家事動線と水回り

家事動線の確保が大切な理由

注文住宅の間取りを考える際には、あれこれと家族それぞれのアイデアを詰め込もうとしがちです。遊び心と機能性の双方を追求した結果、独自性の高いプランが固まっていく一方で、意識がお留守となりがちなのが、日々の家事動線の確保です。炊事、洗濯、清掃など、日常的に欠かすことのない家事は数多く、これらをよりスムーズにこなすためには、家事動線を意識したプランの構築が大切です。 とりわけ水回り設備を使用する、食事の準備から料理を食卓まで移動する動線と、洗濯物を物干し場へ運ぶ動線に関しては、十分な検討が望まれます。間取や家具の配置の影響で、迷路のように狭い動線を往復しなければならない場合、肉体的な負担だけでなく、アクシデントのリスクも高まります。作業を担当する家族が余裕を持って動くことができ、より短い距離の移動で動作が完了できる設計が望まれます。

家事動線を考える上でのポイント

具体的に水回り施設を含む家事動線を考える上で、ぜひ意識していただきたいのが、直線移動が可能な空間の確保です。調理を終えた料理を食卓に運ぶ際、横幅がギリギリの動線を繰り返し直角に曲がらなければならない場合、落下させてしまうなどのリスクが見過せません。子どもたちがお手伝いする場合のリスクも同様で、こうした日々の習慣は、無意識のうちに身体上の無用な負担を蓄積させかねません。 洗濯物の移動に関しても同様で、1度に運ぶことができる分量が制限されてしまいます。洗濯機と物干しスペースの間を、往復しなければならない回数が増え、時間と作業効率双方のロスが否めません。さらに階段が急角度で狭い、らせん状にカーブしているなどの場合、これらが原因のアクシデントも見過ごせません。家事の動線に関しては、家族構成や実際に必要となる作業を十分視野に入れ、安全性と機能性の双方を重視したプランの構築が求められます。

土地を考える

今の住まいからの建て替え

今住んでいる住宅から新たに立て替えを考えている場合に考慮すべきなのが、土地に関する問題です。立て替えをしようと考えている建物が、その土地に建設できるのかどうかも事前に確認しておく必要があります。特…

more detail >>

(親、自己)所有の空き地、農地への建築

せっかく土地を所有しているのなら、有効活用したいと考えた事がある人は多いのではないでしょうか。繁華街や市街地、小さな土地などは駐車場として利用される場合もありますが、まとまった土地だと家を建てて住…

more detail >>

土地探しから始める

注文住宅を建築する場合、まずは土地から探す必要があります。インターネットや情報誌を利用して、自分で探すというのも良い方法ですが、見つけるまでにはかなりの時間が必要です。場合によっては、数年探しても…

more detail >>

>

注文住宅は自由度が高いので満足感がある