土地探しから始める

土地は自分で探すより住宅メーカーに頼んだほうが早くみつかる

注文住宅を建築する場合、まずは土地から探す必要があります。インターネットや情報誌を利用して、自分で探すというのも良い方法ですが、見つけるまでにはかなりの時間が必要です。場合によっては、数年探しても見つからないということも珍しくありません。注文住宅を建てる場合、住宅メーカーに土地探しをしてもらうのが一番早い方法です。以外に思う方もいるかもしれませんが、実際に注文住宅を建てた人の中には、住宅メーカーに土地を探してもらったというケースが少なくありません。住宅メーカーにとって土地の情報は、住宅を販売するためにもっとも大切で、常に不動産屋と連携して豊富な情報を確保しています。そのため、自分で探すよりも早く見つけることが可能です。

土地探しは気に入った住宅メーカーだけに依頼する

住宅展示場のモデルハウスを見学すると、希望の建築エリアなどについて担当営業から質問されます。土地が決まらないことには、住宅メーカーもプラン提示が出来ないためです。しかし、モデルハウスを見学するたびに、希望を伝えてしまってはいけません。どこの担当営業も土地を探して、しつこく営業をかけられる可能性があるからです。もし、気に入っていない住宅メーカーが良い土地を探してくれた場合、注文住宅の建築を断りづらくなってしまいます。資金計画的にも無理がなく、気に入った住宅メーカーの場合だけ希望を伝えるのがポイントです。そうすれば、良い土地がみつかった場合、注文住宅のプランから完成までの時間を短縮する事が出来ます。